プリンターはインク選びでコストが変わる

プリンターは本体はそれほど高いものではありません。とくに家庭用のプリンターなら、本体自体は数千円で販売されています。安ければ8000円程度で質のいいものを購入できることでしょう。ですから、プリンターでコストを考えるときには、本体はあまり気にしなくても大丈夫です。大事なのは、消耗品です。どういったインクを使っていくのかによって、ランニングコストが大幅に変わります。インクは頻繁に交換をしなければいけないものですから、ここでコストダウンができるかどうかが問われています。できれば、格安のインクを使っていくのがいいでしょう。メーカー純正品よりも数段発色は悪くなりますが、通常の用途で使うにはまったく問題がありません。総コストを数分の一に圧縮ができるので、多少のリスクは甘受できるはずです。家庭でも企業でも、安い商品は重宝します。

プリンターの発色を左右するのはインクの種類

プリンターに最高の性能を発揮してもらおうと考えているなら、インクもいいものを使っていくようにしましょう。どれだけ高性能なプリンターでも、インクの性能が悪ければ期待通りの発色を実現することは不可能です。インクはできれば、メーカー純正品を使っていくのがいいでしょう。なぜなら、メーカー純正品は、そのプリンターの性能を最高レベルで発揮できるよう計算されて作られているからです。質の高い印刷が実現できるように、塗料にも気を使って作られています。ノーブランドの品に比べると見違えるほど綺麗に印刷ができるので、カラー印刷の場合はとくに、こうした性能のいいものを選ぶのがセオリーです。ただ、もちろん性能がいい分値段も高くなります。ですが、万が一故障をしたときにもメーカー純正品を使っていれば無償修理をしてもらえるので、保険と思って払っておきましょう。

プリンターのインクが出なくなったときには

家庭用のプリンターは、時々インクが出なくなることがあります。これは、目詰まりと呼ぶことが多いですが、普通によくあることなので慌てる必要はありません。大方、ノズルの部分にインクが詰まっているだけで、その他は正常だからです。そして、たいていのプリンターには、この目詰りを回復する機能が最初から付いています。ヘッドクリーニングという機能がそれに当たります。ヘッドクリーニングをするだけで、症状が改善することが多いです。それで直ったなら、本体を買い換える必要もなくなるので経済的です。それだけできれいに印刷できないなら、業者に依頼をすることも考えていいかもしれません。ただ、その前に、市販されている目詰まり回避アイテムを使ってみるのもいいでしょう。世の中にはたくさんのアイテムがあるので調べてみるといいでしょう。