プリンターの詰め替えインクについて

プリンターはたくさん印刷に使用すれば、比例してインクを消費するため交換が必要になります。交換する際のカートリッジには様々なタイプがあり、メーカーが製作する純正タイプや、他企業が製作する非純正タイプなどがあります。その中でもエコな方法として、詰め替えタイプがあります。使用していたインクがなくなったら、新たに自分自身で補充するタイプです。この詰め替えタイプは純正品のインクだけを購入するため、カートリッジがあるものと比べてかなりリーズナブルな値段で購入できるのが特徴です。ただし詰め替えということなので、自分自身で液を補充する必要がありその際に手が汚れてしまったり、詰め替え用の液をこぼしてしまうなどのトラブルもあります。手間や掃除といった事はありますが、費用的には優しく環境にも良い方法な交換方法の1つになります。

プリンターのインクカートリッジの種類について

プリンターとインクはセットで使用します。特にインクは消耗品なので中身の液がなくなれば、新しいものと交換する必要があります。その交換カートリッジには2種類の種類があります。もちろん使用しているプリンターによって使えるタイプと使えないタイプとがありますので、プリンターを選ぶ際には交換カートリッジのタイプなどもしっかりチェックしておくことが大切です。タイプとしては2種類あり、まず一つは一体型と呼ばれるタイプになります。ヘッドと液が入っている部分が一体になっているタイプになります。このタイプは基本的に色はブラックだけのものと、シアンとマゼンタとイエローの3色がまとまった物とがあります。次に独立型になります。これは色それぞれが別々のカートリッジになっており、ヘッドとも独立しているタイプで一般的に多くみられるタイプがこのタイプです。

プリンターのインクをストックする

プリンターのインクを選ぶときには、純正品と非純正品があります。そして、同じメーカーのプリンターでも型番が違うので間違えないように購入する必要があります。インクの色に関しては、4色や6色がタイプがあります。そのため、どのタイプなのかを見ておく必要があります。そして、純正品は品質重視しているため値段が高めになっています。逆に、非純正品はコストを抑えている分安くなっています。一色当たり1000円以下で販売されています。もちろん、セットでも販売されているので、激安のものでは4色セットで1000円というものもあります。そして、色合いなどを気にする人であれば満足いかないこともあります。そのため、写真や画質を気にする人は純正品にすることが必要です。そして、使用頻度が多い人はカラーインクがなくなりやすいのでストックをしておく必要があります。